VOX VX I / VX II FEATURES


VOX VX I / VX IIFEATURESSPECIFICATIONS

新モデリング技術VET(Virtual Element Technology)を採用。

モデリングというからには、オリジナルとなるアンプが存在します。特に希少とされるヴィンテージ・アンプは、使用環境や経年変化により、同じ型番のモデルでもサウンドが異なることも珍しくありません。元となるオリジナル・アンプの選別も、モデリング・アンプの精度に大きく関係してきます。また、出音を基に解析しているため、アンプのコンディションも影響し、そして何よりも人間の耳に頼っていた部分も大きく、トーン・コントロールやボリューム、各コンポーネントの相互的作用による音色変化まで含めたモデリングとは言い難かったのも事実です。

これらの課題に対処するためVX I / VX IIでは、今までのモデリング方式を徹底的に見直し、オリジナル・アンプ回路そのものをモデリングする技術、VET(Virtual Element Technology)を開発しました。真空管はもちろん、パーツ一つ一つに及ぶ膨大な情報を緻密に解析し、設計者が意図していたオリジナル・アンプの特性をパーフェクトに再現しています。


トータル的なサウンド・メイクを可能にする多彩なアンプ/エフェクター群。

VOX伝統のAC30はもちろん、ハイゲイン、クリーンなど様々なアンプ・サウンドを11種内蔵しました。往年のヴィンテージ・アンプや高価なブティック・アンプなど、この一台で様々なアンプ・サウンドを楽しむことができます。また、エフェクター類も充実しており、モジュレーション系4種、ディレイ/リバーブ系4種を内蔵。特にディレイ、リバーブにおいては、メモリー量を増大し、格段にレベルアップを図りました。

これらアンプ/エフェクターを駆使したプリセット・プログラムは11種用意。歴史的名曲や著名なギタリストのシグネイチャ・サウンドをシミュレーションしています。


パワー・アンプ段はFETを搭載したアナログ回路を採用。

チューブ・アンプ特有のドライブ感や素早いレスポンス、圧倒的音圧感・・・。ギター・サウンドの醍醐味であり、チューブ・アンプが長年支持されている所以でもあります。これらの動作はパワー・アンプの特性が大きく影響しています。VX I/VX IIではValvetronixで培ってきた技術を元に新たにFETを搭載したアナログ・パワー・アンプを開発しました。これにより、独特のコンプレッション感を生み出すアナログサグも再現しています。


独自のバスレフ機構と密閉性により、芳醇なローエンドを獲得。

ソフトウェア面だけでなく、サウンドに関わるすべての要素、すなわちキャビネットやスピーカー等のハードウェア面も最大限にこだわりました。

よりパワーのあるサウンドを獲得するために、独自のバスレフ機構を設計しました。さらに効率よくサウンドを鳴らすために密閉性も重要視し、一体成形のスピーカー・キャビネットを採用しました。ギター・アンプらしい外観を実現しながら、成形ならではの背面・底面の曲面形状、内部のリブ補強によりキャビネットの鳴りを最適化。バッフルには木材を使用し、ギター・アンプとしての響きを追求しました。また、素材には、軽量ながら耐久性もあり、音響特性も優れたABSを選択し、軽さと音質を両立しました。これら、すべての要素が相まって、このクラスのアンプでは考えられないようなパワフルなサウンドを放出します。


VX IIには「JamVOX III」がバンドル!PCとの連携も可能にするUSB端子を装備。

VX IIにはPCとの連携も可能なUSB端子を装備しました。モデリング・ソフトウェア「JamVOX III」もバンドルしていますので手軽にPC上でギター・プレイを楽しむことができます。また、ASIOドライバーに対応していますので、「JamVOX III」、以外のDAWやギター・アンプ・シミュレーター等のソフトウェアを通して録音・再生することも可能に。さらに、エディター/ライブラリアン・ソフト「Tone Room」も用意。PCはもちろん、iOSデバイスにも対応します。

 Tone Room PC版のダウンロードはこちら

 Tone Room iOS版のダウンロードはこちら

 JamVOX IIIのダウンロードはこちら


コンピューターとのUSB接続 (VX IIのみ)

コンピューターでエディター/ライブラリアン・ソフトウェアを使用するには、USB-MIDIドライバーをインストールしてください。また、Windowsとオーディオ・データをやりとりするには、USB-ASIOドライバーをインストールしてください。各ドライバーやソフトウェアは、VOXウェブサイト(www.voxamps.jp)から最新版をダウンロードしてお使いください。

 各ドライバーのダウンロードはこちら

TAPボタンを押しながらPROGRAMボタンを押すと、オーディオ・インターフェイス動作(PROGRAM LEDは消灯、TAP LEDは点灯)になります。INPUT端子への入力音はUSB端子から直接出力され、内蔵のアンプ・モデルやエフェクトなどはミュート(消音)されます。JamVOX lllなど、コンピューター上のソフトウェアで音作りを完成させたい場合に使用します。PROGRAMボタン、TAPボタン、AMPセレクターのいずれかを操作すると元に戻ります。

※VX I にはUSB端子はありません。
※AUX IN端子への入力音は、USB端子には出力されません。

オプションのフット・スイッチでユーザー・プログラムを拡張。

足元でユーザー・プログラムを切り替えることができるフット・スイッチをオプションで用意。VFS5を使えば、ユーザー・プログラムを8種まで拡張できます。



このページのトップへ


 
プライバシー・ポリシー   ウェブサイトについて   



VOX製品の日本国内での取扱いは、正規輸入代理店であるKID(KORG Import Division)で行っております。

© KORG Import Division. All rights reserved.